ゴミ捨て場

一人暮らしで会社勤めだったので、結婚をしてマンションに引っ越す時にダンボールに詰める時間がないということで、全て詰めて、梱包を解いてもらうサービスをお願いしました。捨てるものだけを一つの部屋にまとめておいて、作業は開始しました。
その作業には女性が二人ほどいらっしゃったのですが、どこかで見たことがありました。それは以前、マンションに引っ越すとときにお願いしたときのスタッフの女性の方でした。アロエの鉢が邪魔だったので持って行ってもらったのです。その話をすると「あああ、あの人ね、覚えているわよ」と喜んでくれました。そして「あの時のアロエ、庭に植えたのよ。すごく元気よ」と言ってくれました。
それから話は盛り上がり、全てスタッフの方にお任せすればいいのに、ついつい私も一緒に手を動かしながらいろいろと話し込んでしまいました。すると、その女性の方は福岡県出身で、なんとうちの夫と同郷だということがわかりました。その方も早くに東京に出てしまっているので、うちの夫や義母とは知り合いではなかったのですが、でも同じ場所を知っていたりして、盛り上がりました。その女性のおかげで、夫の故郷でまた訪れたい場所ができたりして、引っ越し先で待っていた夫ともまた話が盛り上がりました。
たまたまスタッフさんが重なったということで、本当に楽しい引っ越しになりました。

引越し 単身  荷物少ない場合の料金は?

ダンボール1

一人暮らしを始めることになったものの、なかなか荷造りが進みません。こんなに物があったっけ?とビックリするほど部屋の中が物で埋め尽くされています。最低限必要なものだけ取り敢えず持っていけば良いじゃない、と母に言われましたが、そんなことは重々承知しています。その最低限必要なものが何なのか選定に困っているのです。
思えば私はどこへ行くにも荷物が多い人でした。1泊の旅行なのに、ボストンバッグ+大きめのリュックを背負っていき、友人に目を丸くされたのも記憶に新しいです。荷物の少ない人は1泊くらいならほぼ手ぶらな状態で参加していました。こちらからすれば、手ぶらなんて恐怖以外の何者でもないのですが。
結局、大きな荷物を背負って行ってもほとんど活用せずに、お土産がプラスされて更に一回り大きくなって帰ってくる有様でした。でも心の安定感にはかえられません。
荷物の多さは自信のなさだと言われていますが、それはその通りだと思います。不安だし自信がないから、とにかく色んなものを詰め込むわけです。
そんな感じで言い訳にも似たことをブツブツと言いながら、少しずつ荷造りを進めています。引越しを機に、気持ちも心機一転することを願いながら。

単身引越をするときには、友人たちに依頼して作業をすることも大事ですが、最初からそのあたりの細かいことは全く気にせずに、引越し業者の単身パックに依頼する事も重要となります。

単身パックはある程度のサイズのコンテナの中に詰め込んでしまえば完了となる簡単な引越しとなります。自分の家の中にあるものがどれくらいの量になるのか、単身パックを利用した人達の情報をチェックしていけばある程度分かってきます。
冷蔵庫9
自宅の中にソファーセットなどがない場合、最も大きな道具は冷蔵庫になるはずです。冷蔵庫は寝かせた状態でマイカーに収納することが難しいので、立てた状態で移動する為に単身パックの利用が必要となります。

それ以外の大きな家具を単身パックで移動することができれば、後はマイカーで運べる物ばかりとなるはずです。使わない物から順に段ボールに梱包していき車に積載していく事が重要です。

実際にある程度片付けた後でチェックしていくと、単身パックで十分に運べる量であるかどうかが分かるようになります。一般的な距離の場合1万円ちょっとで単身パックを依頼できるので、他の方法をいろいろと試行錯誤するよりも、最初から単身パックを依頼する方が安上がりで手間がかからないのです。

単身パック 冷蔵庫についてこちらもチェック!

引越しをする前には、大掃除をすることが重要になります。引越の作業が終わった後にも大掃除をする必要がありますが、綺麗にゴミを片付けるという大掃除ではなく、不要な物を仕分けして処分する対策となります。
タンス
通常は使っていない物が、タンスの中であったり押入の中に溢れているはずです。そのような物を引っ張り出して、今後に使う可能性があるかどうかを考えていきます。

もったいないからと押入の中に入れていると、いつまで経っても使わずに粗大ゴミの山になってしまうのです。そうならない前に、少し気になる物があったとしても処分できる物をどんどん捨ててしまうのです。

この作業をやっておく事によって、引越しの当日に移動する道具が格段に減ります。老朽化が激しい家電製品に関しても、まだ使える状態であったとしてもリサイクルショップに売却して、新居では新しい道具を買う事にします。

このような時にしか、必要な家電製品をリニューアルしたり、家具類を買い替えたりするチャンスがないかもしれないのです。新居においては、気分一新で新しい家具を買いに行けば良いのであり、そのあたりの時間の使い方も考慮しておきます。

とりあえず生活ができる最低限の道具を移動し、その後は家具類などを現地で購入していけば良いのです。

今までの32年間の人生で、6回ほど引っ越しをしました。1度目は高校卒業して大学に行く時。2度目は、それまで一人暮らしだったのですが、妹と一緒に住むため少し広い部屋への引っ越し、3度目は、それまでの家の結露がひどく押し入れがカビだらけになったのと、更新料が高すぎたのでもっと良い住まいを求めての引っ越し、4度目は、一緒に住んでいた妹が結婚するということで、一人暮らしの部屋を求めての引っ越し、5度目は、仕事を辞めて故郷に帰る為の引っ越し、6度目は、実家から出て再度一人暮らしをする為の引っ越し。私の引っ越し歴はこれで全てですが、書き出してみると意外と転々としているなと思います。どの部屋にも思い出があります。

引越し 布団 料金ってどれくらいかかるの?

%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0%ef%bc%91

良い思い出も悪い思い出もあります。けれども新しい部屋に移った時のあのわくわく感、知らない土地を初めて歩く時の新鮮さ。引っ越し準備はとても面倒ですが、それ以上に楽しいものでもあります。いつ何時次の住まいに移っても良いように、普段からあまり荷物を増やさないようにもしています。持ち家が欲しいとはあまり思いません。自由気ままに、色んなところを風来坊のようにふらふらと移っていくのも、素敵な人生なのではないかと私は思います。

私は以前の仕事の関係で何度か引っ越しをしました。

初めての引っ越しは、会社から転勤の辞令がでて「1週間後に引っ越すように」と、急な引っ越しでした。

%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a03

引っ越しの準備もままならず、最低限の物だけ準備し、引っ越しました。
最初はカーテンすらない状態で徐々にカーテン、ベッド、テーブル、ラグ、キッチン用品などなど増やしていき数ヶ月後にはなんとなくすめる家になっていきました。

そしてその後またまた転勤命令が出て、久しぶりの引っ越し。荷物も少ないし余裕でしょ!とたかをくくって居たのですが…いざ、引っ越しはじめると出るわ出るわで凄い量の荷物が出てきて自分でもビックリしてしまいました。

元々物をごちゃごちゃと置くのがあまり好きなタイプではなかっただけに驚きは大きかったです。

その後もまた転勤があったのですがその時の教訓を生かし、引っ越し作業はなかなかスムーズに進みました。

その後、結婚することになりその頃にはもう引っ越しマスターです。

今の旦那さんがうちに遊びに来るたびに少しづつ荷物を車で持ってかえってもらい、大きい荷物は全て捨てて最後は少しの荷物と私のみで新居へ引っ越し。引っ越し業者を使うことなくすごーくコンパクトに引っ越す事に成功しました。

何度かの経験で荷物はコンパクトを心がけていた私ですが物持ちの良い旦那さんと結婚したので、次引っ越す事があれば大変な事になりそうです。

私が新しくこれから住むアパートに着きました。ここが私のお城になるのです。初めての一人暮らし、とてもドキドキしています。でも一つ驚いた事があります。ここには猫がいっぱいいるのです。

6e0b9b3a61229b5d55d56a388e25f55f_s
見学に来た時は全然見ませんでした。でも野良猫がとても多いのです。びっくりしました。どれも綺麗で可愛い猫なのですが、きっとこのあたりの誰かに面倒をみてもらているのでしょう。エサももらっているのだと思いました。

ダブルベッドの引越し料金を節約するコツ!

すると挨拶に行った時、お隣さんから言われた事があります。このアパートの住人の規則があったのです。それは猫の世話を登当番でする事だったのです。
なんとこの猫たちは、このアパートの猫だったのです。このアパートに住んでいる人、みんなの猫だったのです。
気が付いたら自然といて、自然と面倒をみていたみたいです。それを住人が当番制でしていたのです。
だからもちろん私にも、その当番はまわってくるのです。エサをあげる事と、一日十分遊んであげる事が当番の仕事だったのです。私は動物好きなので、その話を聞いた時はとても嬉しかったです。
一人暮らしなので、ペットを飼う事はできません。諦めていたのです。でもここなら、この猫たちが私のペットでもあるのです。そう思うと、これから楽しみで仕方がありません。

初めてなのです。人生で初の引越しを経験しています。だからか、思うように引越し作業が進まないのです。
私は何でも、段ボールに入れていました。でもどの段ボールに何が入っているかわからなくなったのです。マジックで書いておけばよかったです。それをしなかったせいで、引越し作業が全然進まないのです。

9b6f49409ffb4500f75d272b472eaaa3_s
たんすに洋服を入れたいのに、開けても開けても洋服が出てこないのです。一体どの段ボールに洋服が入っているか、探すのが大変なのです。諦めて食器棚に、食器を入れようと思いました。それでもまた段ボールを開けても、開けても食器が出てこないのです。靴やバッグなど、関係ないものが出てきます。だから思うように引っ越し作業は進みません。
気が付いたら、もうお昼になっていました。ここへ到着したのは朝九時でした。それなのに、たいして引っ越し作業が進んでいないのに、もうお昼になっていたのです。
引越し初心者なので、もっと勉強をしておくべきでした。最初の準備ができていたら、ここまで苦労する事はなかったでしょう。もっと引越し前になんとかしれおくべきだったのです。
今日の日を忘れないで、今度はしっかりと準備をしようと思います。とにかく今は引越し作業を進めるのみです。

引越しって、それが決まった時には新しい部屋や環境での生活が始まると思うとワクワクするしうれしい気持ちになるものです。でもその前にいろいろと面倒な手続きや作業が待っていて、そうしたワクワクと胸躍る気持ちも一気にどこかへ消えてしまいます。

d5b0c682dfde6374734eb0ee926e812b_s
私が以前引越しをした時にもそれまで暮らしていた家より広い家へ移ることになって、どこにどの家具を置こうかなとかインテリアにも凝りたいななんて色々と楽しい想像をしていたものですが、住所変更手続きや荷造りなどの作業を行っているうちに、楽しい気持ちよりも面倒な気持ちのほうが上回ってしまいました。

引越し料金 同一県内の場合の相場は?
とくに面倒に感じたのが水道光熱費などの連絡とネット環境を整えるための手続きで、電話一本でできることとはいえ、何度もあちこちに電話をすること自体がわずらわしいなんて感じたものでした。おまけに私は根がズボラな性格をしていることもあって、余計に誰かが代わりにやってくれないかなぁなんて思っていました。
でももちろん代わりにやってくれる人なんているはずもなく、少しずつ手続きや作業を進めていくしかなかったので、今から思えばズボラな私にしてはずいぶん頑張ったほうです。
こうして苦労しながらもすべてが終わり、ようやく新しい環境で暮らすことになった時には心底ホッとした私でした。

友人A君とは、しばらく会ってません。1年を越えてしまいました。友人B君とは、不定期でありながらも、年間で12回以上会っています。あとは友人C君について、その友人に対しては、信用が有っても信頼がないため、私から声かけすることは、極めて少ないです。まだまだ書ききれない交友関係の背景などですが、ほとんど事実そのまままです。いっそのこと全員を我が家に招待したい気持ちがあるものの、なかなかホームパーティーなんて開けません。まずは我が家の立地が問題です。彼らの住まいと我が家の交通アクセスについて、考え直すべきです。電車一本で、<気軽に行き来できる>と言える友人はなかなか居ないのです。こんな私は地元の友人と、最近会うことも滅多にないのです。

ad26344eff5fb442db325328585ad438_s
私には趣味はないけれど、何処でも時間を忘れて夢中になれるスマホというツールが有ります。スマートフォンさえあれば、インターネットCAFEに居るのと、なんら状況として変わりません。目に見える人々とつながらなくても、インターネットを使うことで、結果的に安心感は得られます。このようなことを重視して考えていくと、リアルな友人を今後増やす必要もないような気持ちになってきます。
私が引っ越す場合には、ますます友人と会うことが便利になるように、交友関係を考慮しながら引越し先を検討します。それに対して、引っ越しなんて今の私には、もう必要ない!っていう考え方も、今後には定着していく可能性を感じ始めています。